SaaS企業の成長は、初期段階では難しいものです。しかしリードジェネレーションに関しては、他のビジネスモデルに比べてかなりユニークな状況にあります。

SEOのようなチャネルを通じて有機的に成長するために、SaaSビジネスはオーガニック検索に適しています。

「SaaSやサブスクリプション・ビジネスは、有形でもなければ使用方法が限定されているわけでもない製品に基づいています。様々なケースや業界に合わせて、修正、更新、改良、ピボットすることができます。新しい市場やカテゴリーを創造するために機能を追加することができ、このことがSaaS企業にオーガニック検索の領域でSEOを使って競争するユニークな機会を与えている。」(出典はこちら)

この記事では、スタートアップ企業のSEOコンテンツを作成する際に留意すべき15のことをご紹介します。

マーケティングデータを最大限に活用するには、Baremetricsのようなツールを活用することで、簡単かつ直感的に可視化することができます。今すぐ無料トライアルにお申し込みください。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!

画像の最適化

SEOで勝ちやすいのは、ページの読み込み速度です。ページロードは、サイト内の画像に大きく影響されますので、そのヒントをご紹介します。

  • 非同期の画像読み込みは、通常、Javascriptで行われます。
  • 画像はウェブページ全体の重量の平均21%を占めるため、画像圧縮(JPEG OptimizerまたはKrakenツール)は、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させ、ウェブサイトの読み込みを速くします。
  • WebPフォーマットは新しい画像フォーマットで、ロスレス画像圧縮が可能です。
  • alt descriptionやtitleタグを追加するのは、読み込み速度のためではなく、画像のランキングを上げるためです。検索ボットは画像をほとんど認識しないため、代替となる説明文やタイトルがあれば、画像の意味を理解してランキングを上げることができるのです。より良いプロモーションのために、これらのタグにターゲットキーワードを使用することができます。

メタ・ディスクリプションの確認

多くのマーケティング担当者は、メタ・ディスクリプションのSEO効果を過小評価しています。メタ・ディスクリプションは、検索エンジンとユーザーの両方にとって意味があります。メタタイトルとメタディスクリプションは、SERPに表示される文字情報に使用することができます(ただし、検索エンジンによっては使用できない場合もあります)。

一方メタ・ディスクリプションは、検索エンジンがページの内容やトピックを理解するのに役立ちます。最後にメタ・ディスクリプションは、SERPに表示されるスニペットに含まれているかのように、あなたのSaaSビジネスにより多くのCTR、トラフィック、コンバージョンをもたらすことができます。

メタ・ディスクリプション・タグを記入していない場合、上位にランクインしてより多くのコンバージョンと収益を得る機会を失います。したがって、説明文をチェックし、最適化し、適切に表示されているかどうかを確認したほうがよいでしょう。

ウェブサイトのオーナーは通常、メタ・ディスクリプション・テスト・ツールのような自動化されたツールを使用して、それが正確で魅力的かどうかを確認します。メタ・ディスクリプションには1~2個のターゲット・キーワードが含まれているかもしれませんが、キーワードを使うことはメタ・ディスクリプション全体にとって重要ではありません。

チェックを行う際には、このようなニュアンスに注意してください。

  • メタディスクリプションは長すぎてはいけない
  • メタディスクリプションにキーワードの詰め込みがあってはならない
  • メタディスクリプションはページに関連するものでなければいけない
  • メタディスクリプションに使用されるキーワードは、ページのトピックに関連している必要がある

15 SEO Hacks for SaaS Startups

キーワードといえば、ページ設定の中にmeta keywordsという項目があります。しかし、これは単に無視しても構いません。GoogleやBingは、ランキングアルゴリズムにmeta keywordsを考慮していません。

関連する内部リンクブロックを使用する

内部リンクはSaaSウェブサイトの最も重要なページを検索ロボットに示すことができるため、SEOには欠かせません。内部リンクブロックは、サイトの重要なセクションへのリンクで、ページの一部に1つのブロックとして集められています。例えばフッター、ドキュメント内、記事の最後、サイドバーなどが挙げられます。

ブロック相互リンクの主な利点は、いくつかのリンクを含む美しくデザインされたブロックが、テキスト中の単一のリンクよりもユーザーの注意を引きつけることです。

  • リンクをクリックする人が多ければ多いほど、ページビューは高くなる
  • ページランクが高くなる
  • ユーザーがリンクをたどってサイトに滞在する時間が長くなる

これらすべてが、サイトのインデックスやランキングに良い影響を与えます。ここでは、SaaSビジネスの代表格であるAsanaがこの手法をどのように導入しているかをご紹介します。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

また、SEOの成果を高める可能性のあるテクニックとしてはダイナミックリンクブロックがあります。これは、先に使用したキーワードの順位が必要な指標に達したときに、リンクブロックのアンカーを交換する戦術です。

クローリングを依頼してインデックス化を促進

サイトに変更を加えた後は、検索エンジンのロボットが更新されたコンテンツをインデックスしているかどうかを確認する価値があります。再クローリングには、数日から数ヶ月かかることがあります。そのため、クローリングをリクエストしてプロセスを少しでも早くすることが可能です。ここでは、Googleでのやり方の例をご紹介します。

  1. Google Search Consoleを開く
  2. URLチェッカーツールに移動する
  3. 検索バーにページのURLを貼り付ける
  4. Google がページ情報を表示するのを待つ
  5. Request Indexingボタンをクリックする

15 SEO Hacks for SaaS Startups

競合他社のベストパフォーマンスのコンテンツアイデアを利用する

コンテンツはSaaSマーケティングの王様です。まず、ブログは(キーワードが正しく使われていれば)自然な検索で表示されるための優れた材料となります。次に、ブログはブランド認知度とロイヤリティを向上させ、ユーザーがSaaS製品をより深く理解し、疑問に対する答えを見つけるのに役立ちます。

ランキング上位の競合他社ほど、質の高いコンテンツのアイデアを提供してくれるところはありません。そこでビジネス・コンサルタントは、コンテンツ・マーケティングに長けた関連企業をいくつかピックアップし、その出版物に目を配ることを勧めています。例えば、BuzzSumoというサービスがあります。興味深いブログを一箇所に集め、その出版物を追跡して、最もトラフィック、エンゲージメント、コンバージョンをもたらすコンテンツを見つけ出すことができます。

そのためには、以下のような指標を分析する必要があります。

  • 出版物の頻度とそのトピック
  • 競合他社が使用しているキーワード
  • コンテンツの形式やコンテンツの形式:ビデオ、インフォグラフィック、ロングリードなど
  • エンゲージメント:シェア、「いいね!」、コメントなど

コンテンツクラスターの作成

コンテンツクラスターとはコンテンツを持つページを整理する方法で、親ページ、子ページ、それらの間の内部リンクで構成されています。

  • ルートページはトピックのハブとして機能し、高頻度のキーワードを含んでいる。このページは、そのトピックに関する一般的な質問のほとんどに答えるものでなければならない。
  • サブトピックや小さいページはより具体的なトピックを扱い、ロングテールキーワードや同義語を含む。

コンテンツクラスターはテレビシリーズを彷彿とさせ、新しいシーズンやトピックの異なる視点が常に現れるようになっています。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

トピッククラスターはすべてのコンテンツが相互に関連し、読者に完全な情報を提供していることを検索エンジンに示すため、ランキングを大幅に上げることができます。

例えば、Grammarlyはトピッククラスターによって2000万人以上のアクティブユーザーを獲得しました。この大手SaaS企業には「関連記事」のセクションがあり、そこに掲載されている記事は、例えば初心者ライターのためのヒントなど、特定の大きなトピックに結び付けられています。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

ニッチなコンテンツを心がける(Google E.A.T.)

GoogleE.A.T.とは、専門性、権威性、信頼性のことです。このアルゴリズムは最も真実味があり、正確で専門的な情報を提供するサイトを上位にランク付けします。Googleは、ユーザーに最高で実績のあるコンテンツを提供するよう努めています。

フェイクニュースやSERPの操作が多発したため、Googleは検索品質評価ガイドラインにE.A.T.とYMYL(Your Money or Your Life)の要件を追加しました。つまり、SaaSサイトがクラス最高のコンテンツや信頼性の高い正確なデータを提供していなければ、上位にはランクされず、コンバージョンも得られないということです。

E.A.T.の要件にこだわることは、すべてのニッチにおいて意味がありますが、あなたのSaaSビジネスがYMYLに関連している場合は特にそうです。これらには以下が含まれます。

  • 金融系サイト(財務管理、投資、証券取引所などのソフトウェア)
  • あらゆる種類のヘルスケアSaaSプロジェクト
  • 心理学に関連するスタートアップ
  • 法律関連サイト
  • ユーザーの健康や幸福に影響を与えるその他のプロジェクトのサイト

検索エンジンに自分の専門性をアピールする方法をご紹介します。

  1. 特にYMYLのトピックについて、アドバイスをするのに十分な資格があることを確認する
  2. より多くの高品質なバックリンクを獲得し、信頼性の高いサイトと協力する
  3. コンテンツを常に最新かつ正確に保つ
  4. コンテンツで提供するすべてのデータをチェックし、権威あるリソースへのリンクで確認する
  5. より多くのレビューや引用を得る
  6. 専門家を雇ってコンテンツを作成する
  7. コンテンツライターの専門性を証明するオンラインプロフィールを作成する(経歴、ソーシャルへのリンク、受賞歴、メンションなど)

コンテンツをリッチスニペットに最適化する

リッチスニペットとは、どのページを検索するかを手助けするための要約や文中の情報を指します。このリッチスニペットに掲載されると、СTRが677%増加し、サイトへのトラフィックが大幅に増加します。原則として、検索意図に最も合致したコンテンツがリッチスニペットに掲載される可能性が高く、これはSaaS企業にとって朗報です。レビュー、ハウツー、製品、ビデオ、FAQスニペットなど、ほとんどのスキーマタイプを対象にすることができます。

例えば、「ハウツー」の記事が訪問者の情報提供の意図にマッチしているとします。その場合、あなたのサイトはより多くのクリック、より長いセッション、より高いコンバージョンを得ることができるかもしれません(SaaS企業は、記事の中で広く起こっている問題を説明し、解決策を提示することで、ブログの読者を容易にコンバージョンさせることができるからです)。

いずれにしても、リッチスニペットに掲載されるに越したことはありません。そのためには次のアドバイスしがあります。

  • リッチスニペットに掲載される可能性のあるキーワードを使用する (通常、これらのキーワードは、「how-to」や「what is」などの言葉を含むロングテールキーワード)
  • 構造化データマークアップを使用する
  • コンテンツページにリストや動画を追加する
  • 特定の質問に答えるような小見出しをつけた短い段落を作る

8. Optimizing content for rich snippet Getting to the rich snippet can increase your СTR by 677% and drive much more traffic to your site. As a rule, content that fits search intent the most is more likely to be featured in rich snippets, and that’s good news for SaaS companies. They could target most schema types such as review, how-to, product, video, and FAQ snippets.  For example, let’s suppose that your “how-to” articles match the informational intents of visitors. In that case, your site may get more clicks, longer sessions, and higher conversions (since SaaS companies can easily convert readers of their blog to explaining widespread problems and offering solutions in the articles).   Anyway, it’s always better to be featured in the rich snippet. To get there, it’s advised to: Use keywords with rich snippets opportunities – usually, these are long-tail keywords containing words like “how-to,” “what is,” etc.; Use structured data markups; Add lists and videos to your content page; Make short paragraphs with subheadings that answer specific questions.

コンテンツページがしばらくして更新・拡張されると、リッチスニペットに表示されることがあります。また、リッチスニペットとして表示されるようにページが正しくデザインされているかどうか、Googleによるリッチリザルトテストを実施するとチャンスが広がります。

15 SEO Hacks for SaaS Startups


ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!

コンテンツを動画形式で再利用する

パフォーマンスの高いテキストコンテンツ(ブログ記事、説明書、ガイドなど)があれば、それを動画形式にすることができます。そもそも、SaaSスタートアップのマーケティングチームにとっては視聴者にとってのホットなトピックをすでに知っているので、コンテンツ作成の時間を大幅に短縮することができます。さらに、コンテンツを再利用することで、要点を強調し、より多くの人に届けることができます。

Wyzowlによると、動画マーケティング担当者の87%が動画はROI(投資収益率)が高いと回答しています。そこで、数回クリックするだけで作れる、短くて役に立つ動画で視聴者を抜本的に変えてみることもできます。最近では、AnimotoやLumen5など、コンテンツを再利用するためのツールがたくさんあります。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

SaaSのビデオで最も人気のあるフォーマットは、説明用ビデオ、チュートリアル、製品デモなどです。YouTubeやPinterestにアップロードすることもできますし、ソーシャルサイトにアップロードすることもできます。

動画は、検索結果にサムネイルが表示されることでCTR(ユーザーに表示された内でクリックされた割合)を向上させ、セッションの長さとエンゲージメントを高め、ユーザーが他の動画を見たり、異なるセクションをナビゲートしたりすることを促します。

競合性の高いキーワードを使う

まだ最初の段階であれば、競合性の高い検索ツールで検索結果の上位に表示されても意味がありません。重要なのは、そこそこの検索量がありつつも、競争率が低いもしくは中程度のキーワードを見つけることです。SaaSのスタートアップ企業は通常、Googleのキーワード・プランナーやSE Ranking、Ubersuggestなどの自動化されたキーワード調査ツールを使って、難易度、検索ボリューム、CPC、競争率などの指標をチェックします。この分析は、SEO戦略を設定し、より早く上位に到達するために大いに役立ちます。

以下は、SE Rankingによるダッシュボードの例です。ここでの目的は、中程度の難易度、高い検索ボリューム、安価なCPC(ユーザーの1クリックあたりの費用指標を指し、ターゲット市場によって異なる)、競争度(検索エンジン内の全キーワードに対して、そのキーワードに入札している広告主の数)など、当社のページに適合するキーワードを見つけることです。また、マーケティングチームは、オーガニックSERPの上位ページからヒントを得て、バックリンクを生成し、Googleがあなたのページをランキングに上げてくれるようなコンテンツを作り始めることができます。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

キーワード・カニバリゼーションの回避

SaaSサイトでは、同じキーワードでランクインしているページが存在することがあります。あるいは同じキーワードで広告キャンペーンを行い、SEOにも投資している場合もあります。いくつかのページが同じキーワードでランキングされている場合、3つの異なるシナリオがあり、そのすべてがお客様にとって有益とは限りません。

  • 検索エンジンは、あなたが1つのキーワードでサイトや検索結果をスパミング(相手が望まないメッセージを無差別に大量に送ること)していると考えるかもしれません。その結果、全体のランキングが下がってしまいます。
  • あなたのサイトは、ランキング、トラフィック、コンバージョンを求めて自分自身と競争することになり、Googleはターゲットではないページを上位に表示するかもしれません。
  • Googleは、競合するページのどれもが特定の意図に対応していないと判断し、そのキーワードでは一切表示しないこともあります。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

そこで、キーワードのカニバリゼーションがあなたのケースではないことを確認するために、オンページSEO監査を行い、SEOの基本ルールを覚えておくとよいでしょう。

1ページ=1ターゲットキーワード

バックリンクを徐々に獲得する

バックリンクはサイトのランキングに直接影響します。あなたのサイトにリンクしている信頼できるソースが多ければ多いほど良いというルールがあります。ただし、リンクの構築は徐々に行う必要があります。また、2021年にはインバウンドリンクの量よりも質が重要視されているため、慎重に選ぶ必要があります。

SaaS製品のバックリンクを貼るサイトを選ぶ際に注目すべき主な指標は以下の通りです。

  • ドメインの信頼性 - 最低でも50
  • ニッチの関連性
  • ドナーが受け取ったバックリンクとそのダイナミクス
  • 提供者が「nofollow」または「sponsored」タグを付けているかどうか、など

Majesticツールは既存のバックリンクを分析し、それらを失っていないかどうかを確認するのに役立つかもしれません。また競合他社のバックリンクを分析して、効果的な潜在的ドナーを見つけることも可能です。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

ネガティブSEOに備える

あなたがSaaSビジネスを展開しているなら、競合他社がいい加減なことをせず、ネガティブSEOを使ってあなたを打ち負かす可能性があることを覚悟しておいた方がいいでしょう。ネガティブSEOとは、非倫理的でブラックハットな手法を用いて、検索結果における競合他社のランキングを下げることです。そのような行為には、以下のようなものがあります。

  • 自分のドメインへのスパムリンクにお金を払う
  • SERPでの評価に影響を与えるために悪いレビューを注文する
  • ソーシャルシグナルの偽装
  • リンクファームやPBN(プライベート・ブログ・ネットワーク)
  • あなたのコンテンツをコピーする
  • robots.txtファイルのハッキングなどによる、インデックスからのページの除外

最も人気のあるネガティブSEO戦術の1つは、医薬品、アダルト、無料ダウンロード、その他のウェブサイトから何百ものバックリンクを注文することです。ある日急にSEO専門家が、あなたのサイトが絶対に信頼できないサイトからのリンクをたくさん持っていることに気づくはずです。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

このような事態を防ぐには、常に自分のウェブサイトを監査し、受け取ったバックリンクを注意深くチェックすることをお勧めします。SEOが信頼性の低いサイトからのリンクに気づき同意できない場合は、所有者に手紙を書いてリンクを削除するよう依頼するのが一般的です。そうしないと、検索エンジンの目から見てもかなり評判を落とすことになります。

さらにSE Ranking Backlinkerツールは、新しいバックリンク、そのアンカー、ドメインの信頼性を追跡するのに役立ちます。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

音声検索にコンテンツを最適化する

音声検索は今やトップトレンドです。今現在、16歳から64歳のインターネットユーザーの約半数が、すでに何かを検索する際に利用しています。音声検索は、外出先や何かでとても忙しいときにしか使われないと思われるかもしれませんが、多くの回答者は家で一人でいるときや友人といるとき、あるいはオフィスにいるときだけでも、この方法で何かを探していると回答しています。

15 SEO Hacks for SaaS Startups

つまり、音声検索は今や、誰かの手がふさがっているときの突然の緊急検索のためだけではないものとなっているのです。このトレンドの流れに乗りたいのであれば、コンテンツやウェブサイトを音声検索に最適化する必要があります。そのための実践方法をご紹介します。

  • ロングテールや低頻度のキーワードを収集する
  • 簡単な言葉で書かれたクエリを試す
  • 「how」「when」「how-to」などの簡単な言葉を使い、最初の29語で答えを出す
  • SSL証明書の使用、AMPとTurbo Pagesの導入
  • サイトにFAQセクションを追加する
  • マークアップを使う(小見出し、箇条書きなど)

顧客のセグメント化

SaaSビジネスでは、B2B、B2C、あるいはその両方をターゲットにすることがありますが、マーケティングやSEOの戦略を考える際には、どの市場をカバーしたいかを十分に理解することが重要です。そのためには、以下のような違いを意識するとよいでしょう。

  • B2Bのお客様のニーズは通常より複雑で、SaaSソリューションはより広範なプロセスの一部に過ぎない
  • B2Bのお客様の場合、最終決定までに費やす時間は、B2Cのお客様のように1人ではなく複数の人が関わっているため、より長くなる
  • B2Cのお客様は、購入プロセスにおいてより感情的になる
  • B2Bのお客様は、SaaS企業にとってはターゲットにしやすく、高い収益をもたらす
  • B2Cの顧客は、購買サイクルが短い

マーケティング・プランの変更を実施する前に、顧客が誰であるか(企業か個人か)を理解することが極めて重要である。

ターゲット顧客がB2BかB2Cかに基づいてマーケティングチームはより良いコンテンツを準備し、ユーザーの意図に従ってより効果的なキーワードを選びより高いCTRを獲得し、コンバージョンにつなげることができます。

まとめ

SEOのようなチャネルを使ってSaaS企業を成長させることはほぼ無料であり、ホットなリードのソースとして役立ちます。しかし2021年現在は、単にキーワードを集めて文章中に挿入するだけでは十分ではありません。

マーケティングチームは、コンバージョンと収益を高めるためにウェブサイトを常に更新し、技術的なSEOの問題に気を配り、ユーザビリティに取り組まなければなりません。私たちのガイドと少しの忍耐、そしてマーケティング指標を最大限に活用するためのソリューションがあれば、あなたの会社はオーガニックな成長に向けて準備が整います。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!