SaaS企業の成長を最大化するためには、データが重要な役割を果たします。そしてデータは、必要な人がすぐに利用でき、アクセスできるデータである必要があります。ただし、多くの情報は測定されず、気づかれず、多くのデータは有効活用されません。

会社全体で十分な情報に基づいた意思決定を行うために、今あるデータをどのように活用すればいいのでしょうか。私たちは、次のことをお勧めします。

  1. SaaSのメトリクスツールを使用して、データを最大限に活用する
  2. データを社内で効果的に共有する方法を知っておく

Baremetrics のように、使いやすいダッシュボードで財務指標を把握できるツールの利用は非常に重要です。これにより特定の指標をリアルタイムで可視化することができ、チームメイトはパイプラインの変化に対応することができます。

チームに関して言えば、収益を上げるための行動を最適化するために、ビジネスの全員が正確で一貫性のあるデータを必要としています。

この記事ではデータ共有とは何か、なぜそれが重要なのか、そしてBaremetricsを使って効果的にデータを共有する方法について説明したいと思います。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!

データ共有とは?

データ共有(データシェアリング)とは、様々な仕組みやアプリケーション、ユーザーを通じて、データを他の人が利用できるようにする手法のことです。

より簡単に説明すると、現在持っているデータを利用できるようにすることです(チームや投資家など)。またデータの可視化についても理解しておくと、話がスムーズに進みます。データ共有は共有の方法と関係があり、データビジュアライゼーションはデータをどのように見せるかということです。

データビジュアライゼーションとは?

データの可視化(データビジュアライゼーション)とは、データを絵やグラフのような形式で表現することです。意思決定者は視覚的に表現された指標を見て、難しい概念をよりよく理解し、新しいパターンを識別することができます。

ビジュアライゼーションでは、より詳細なチャートやグラフを作成するツールを使用し、表示するデータやその処理方法をインタラクティブに変更することで、データをより深く理解することができます。

6 tips for effective data sharing using Baremetrics

上のスクリーンショットでは、会社全体の財務データが一目でわかるようにビジュアル化されています。これが効果的なデータの可視化です。

なぜSaaS企業にとって効果的なデータ共有が重要なのか?

SaaSの創始者であり、現在A Cloud GuruのEコマース担当GMであるJustin Talerico氏は、データを適切に共有することが重要である理由として、2つの重要な注意点があると述べています。

  1. まずKPIやOKRに使用するデータは、あなたのチームが理解できるものでなければならない

彼は、「チームが理解する」というのは、創業者や役員レベルが理解するのとは違うと言います。創業者であるあなたは、測定基準が何を示しているかを知っていますが、それはあなたのチームが知っているとは限りません。試しにチームのメンバーに聞いてみてください。

もしあなたのチームの人々が成長につながる意思決定を求められているのであれば、彼らが数字を理解するのを助けることは非常に重要なことなのです。

  1. そして第二に、そのデータが知覚的な完全性を持っていなければなりません。数字の意味を知り、それが正確であると信頼されなければならない。

とジャスティンは言います。「もうひとつ重要なのは、"percepted "という言葉です。データがしっかりしていても、それが揺らいだり不正確だと感じられたら、データ主導の経営プロセス全体が損なわれてしまうからです。信頼は信念に不可欠です。信念は、情熱に不可欠です。そして情熱とは、大きく考えようと努力することと、少しずつ得るものに甘んじることの違いを意味するのです」。

会社がうまく回っていくためには、意思決定の方法について、チーム全員が同じ考えを持っていることが必要です。

あらゆるものが測定可能な(そしておそらく測定されるべき)今日の世界では、あなたが共有するデータとそれを共有する人々に自信を持つことが重要です。

もしあなたが財務指標のレポートに悩んでいるなら、Baremetricsを使って、自動的に優れた財務レポートとデータ共有ができるようにしましょう。ライブデモを見るか、無料トライアルに登録して、今すぐ使い始めてください。

チームメイトとのデータ共有

あなたのチームは、無駄のない、平均的な、データ収集チームです。インターネット/SaaSビジネスが集める膨大な量のデータ、その全てを処理するシステムを確立することが第一ステップです。

分析/測定ツールのセットアップが完了したら、今度はチーム全体でデータを共有することが本当のチャレンジとなります。何から始めればいいのでしょうか?

ここでは、Baremetricsで効果的だった方法に基づいて、データをチームで共有するための最良の方法のヒントをいくつか紹介します。

データを透明にする

チームは、自分の仕事に関連するあらゆる指標にアクセスできるようにする必要があります。新しいデータを見たいというリクエストで溢れかえるのではなく、データをすぐに利用できるようにしてはどうでしょうか。

Baremetrics を使っているのであれば、セグメント化されたダッシュボードを作成してチームで共有することができます。

6 tips for effective data sharing using Baremetrics

アカウントにログイン → 新しいダッシュボードを作成 → 新しいダッシュボードのタイトルを付けて、どの指標をトラッキングしたいのかウィジェットを追加するだけです。

6 tips for effective data sharing using Baremetrics

ダッシュボード全体を各メンバーと共有したい場合は、そのようなオプションもあります。

ダッシュボードを社内の社員と共有し、社員が状況を把握できるようにもしています。

データを利用しやすくする

必要なデータにアクセスできるだけでは不十分で、主要な指標を理解できるようにする必要があります。Justin Telaricoの言葉を思い出してください。「あなたのチームが理解できる数字でなければならない」のです。

Baremetricsでこれを行う方法の一つは、一般にアクセス可能なダッシュボードを理解し、使用するようにチームを指導することです。

6 tips for effective data sharing using Baremetrics

完璧な人間はいないので、データを誤って使用したり、誤った仮定をしたりする人がいるかもしれません。

Baremetricsではユーザーがデータを理解する上で障壁にならないように、ユーザーフレンドリーでミニマルなUIを優先しています。しかし、優れた教育やコーチングもまた重要です。誰もがこの情報の真のインパクトを理解できるように、Baremetricsアカデミーの記事をユーザーに自由に伝えてみてください。

6 tips for effective data sharing using Baremetrics

チーム内でデータをマーケティングする

数字を簡単に消費できるようにすることは、戦いの一部に過ぎません。レポートを頻繁に見てもらわなければ意味がありません。

そのためレポートをマーケティングし、社内に配布することに慣れる必要があります。

多くの企業は、社内のマーケティングに多くの時間とエネルギーを費やすことを重要視しています。例えばWixでは、Slack、Monday.com、メールなどのさまざまなチャネルを使用して、新しいレポートや現在の指標に関する洞察をチームに知らせています。このようなツールを使って、関係者に自由に使えるものすべてを思い出させることは、会社全体でエンゲージメントを生み出す堅実な方法です。

Baremetricsでは同様のチャンネルを活用して、チーム全体に注意を喚起しています。

6 tips for effective data sharing using Baremetrics

インターナルマーケティングを強化するために、クールな洞察やチームの勝利を共有することをお勧めします。

6 tips for effective data sharing using Baremetrics

チャネルを利用してインサイトを共有することは、自社に関連する情報をチームに伝え、全員がデータに基づいたより良い意思決定を行えるようにするための鍵になります。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!

Open Startups Initiativeに参加する

チーム内にあるものを完全にオープンにすることは、非常に有益なことです。

一般的に顔が見えないと思われがちな会社に、オープンであることで人間らしさが加わります。これによって、顧客とつながり、誠実なサービスを提供することができるのです。

企業やスタートアップは、歴史的に収益数や顧客保持率といったことについて口を閉ざしていました。2015年にBaremetricsは、その流れに逆らうことを選びました。そして、私たちのOpen Startupsイニシアチブが生まれました。

このイニシアチブは、チームや顧客に対して徹底的に透明性を高めようとする企業にスポットを当てる試みです 。今すぐ流れにあなたも参加してください。

投資家とのデータ共有

チーム内でデータを共有することと、主要な投資家やアドバイザーなど他のステークホルダーと共有することは別のことです。

「上級のステークホルダーは、意思決定の理由を理解することに熱心ですが、データそのものの複雑さやニュアンスにはほとんど無頓着なのです。彼らは、ボトムラインとデータの正味の効果を見たいと考えています。(出典はこちら)

シニアステークホルダーは日常業務の一部ではないので、データの共有方法について、より戦略的で一貫性のあるものにする必要があります。その方法について、いくつか提案します。

6 tips for effective data sharing using Baremetrics

これらのメトリクスは、Baremetricsのダッシュボードで直接確認することができます。

これらは、SaaS企業を経営し、助言し、投資する人が知っておくべき基本的な質問です。なぜなら、これらの質問は、あなたの会社がどのような状況であるかを直接的に洞察してくれるからです。

より詳細なレポートの作成と共有

先ほど、チームメンバー向けに日々の生活に関連する指標についてわかりやすいダッシュボードを作成することをお話しました。

さらに深く掘り下げ、セグメンテーションデータの拡張を活用することで、本当の楽しみが生まれます。これは、主要な投資家やアドバイザーにプレゼンテーションを行う際に役立ちます。

CRMやマーケティング・オートメーション・ツールなど、他のデータ・ソースと接続することで、次のような高度な質問に答えることができるようになります。

  • どのプランの解約率が最も高いか?
  • LTVが最も高いのはどの紹介元か?
  • MRRの多くはどの国からもたらされているのか?

このような質問に答えるためのデータがあれば、ビジネス上の意思決定を行う際に、単なる推測や仮定ではなく、より大きな文脈を与えることができます。

例えば特定の地域からのMRRが増加していることに気づいたら、その地域に対してより多くのマーケティング費用を投じることができます。また、あるプランの解約率が他のプランよりも高い場合、その原因を探ることができます。

ここでは説明しませんが、アドオン製品を使って、解約した顧客失敗した請求に関する分析も可能です。

Baremetricsダッシュボードのスクリーンショットを送信する

スクリーンショットを撮って、更新情報を送信することの重要性を侮ってはいけません。CloudApp、Loom、または昔ながらのShift + Command + 4のような最新のツールを使用すれば、このようなことができます。

このシンプルな方法がどのように機能するか、他のお客様からお聞きください。

「MRR と ARR の数字を毎月Eメールで送信しています。四半期ごとの役員会では、ダッシュボード・モジュールのスクリーンショットを用意して、それを見ながら議論しています。」

Baremetrics でデータの意味を理解する

SaaSを成長させるためには、データを無視することはできません。また同時に、チーム内や主要な利害関係者の間でデータをどのように共有するかも同様に重要です。

Baremetricsは、MRR、ARR、LTV、総顧客数など、ビジネスに関する 26 種類のメトリクスを提供する SaaS メトリクス・ツールです。

Baremetricsは、決済ゲートウェイや他のツールと直接統合されているので、顧客に関する必要なデータは、Baremetricsのダッシュボードに自動的に接続されます。

Baremetricsの無料トライアルに登録して、正確でわかりやすい方法でデータのトラッキングと共有を始めましょう。