データは超重要です。でも、それ以上に重要なものを知っていますか?Baremetricsが提供する充実したデータです。これが、Baremetrics APIが存在する理由の1つです。これにより、他のアプリからBaremetricsに情報を簡単かつ効率的に取り込むことができます。

この記事では、Baremetricsによってお客様のデータを充実させ、Baremetricsのダッシュボードからより多くのインサイトを得るために当社のAPIを使用する7つの理由を説明します。

SaaSやサブスクリプション・ビジネスを展開しているお客様は、ぜひBaremetricsを使ってメトリクス(ビジネス指標)をトラッキングしてみてください。今すぐ無料トライアルを開始してみましょう。

APIとは?

APIとは、Application Programming Interfaceの略です。簡単に言えば、APIは2つのアプリケーションが相互に通信し、特定のデータにアクセスすることを可能にします。開発者は、自社の製品を他の製品と統合する際にAPIを使用します。

例えば、Facebookの認証情報を使ってアプリにログインする機能は、Facebook APIによって実現されています。あなたがログインしようとしているアプリは、Facebook APIを使ってアカウントを認証し、セキュリティリスクを軽減しながら識別情報を提供します。

Baremetrics APIも同様の仕組みになっています。当社のAPIをお客様の他のアプリケーションに接続することで、お客様はBaremetricsが特定の情報を自動的に受け取ることを承認したことになります。

Baremetrics APIを使用する7つの理由

1. サポートされていない決済プロバイダーを接続 

Baremetricsにデータをインポートし、メトリクスを表示し始めるには、決済プロバイダーを接続する必要があります。

Baremetricsは現在、Stripe、Braintree、Recurly、App Store Connect、Google Play、Shopify、Chargebeeとのワンクリック統合を提供しています。これらのプロバイダーを使用している場合は、今すぐ
Baremetricsにサインアップして接続することができます。

Baremetrics APIは、以下のような方に最適なソリューションです。

  • サポートされていない決済プロバイダーを利用している(上記のプロバイダー以外のもの)
  • サポートされているプロバイダーに加えて、サポートされていないプロバイダーを接続する必要がある。
  • 様々な決済事業者からの請求データを正規化したい。

ここでは、加入者、プラン、料金、返金、セグメント、属性などに関するすべてのタスクにBaremetrics APIを使用する方法をステップバイステップでご紹介します。

2. Baremetricsデータのリクエスト

メトリクスデータと顧客データの両方をリクエストして、Baremetricsアプリ以外で使用することができます。この場合のリクエストは、基本的にエクスポートと同じ意味です。

APIを使用すると、特定の日付や期間から任意のメトリクスをリクエストすることができます。例えば、2021年8月1日から2021年8月31日までのMRRなどです。

これらのリクエストは、自動的に行われるようにスケジュールすることができ、レポート作成に必要な時間を短縮することができます。

そして何よりも、このデータには異なる支払機関からのデータが含まれることがあり、すでに標準化されています。つまり、外部のレポートやスプレッドシートなど、必要に応じてデータを同じようにフォーマットすることができるのです。

3. 解約インサイトを使用する 

解約インサイトは、Baremetricsの強力なアドオン機能です。キャンセルデータの収集を自動化し、お客様が離脱する理由をより深く理解するのに役立ちます。

解約インサイトは4つのステップで動作します。

  1. お客様が解約をする 
  2. カスタマイズされたフォームにより、アプリ内ウィジェットまたはEメールで解約理由の選択を促す
  3. 自動化されたフォローアップメールがお客様の受信箱に届き、お客様との関係を修復する
  4. データは解約インサイトダッシュボードに集められ、傾向と機会を特定します。

説明ビデオをご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=aFPWS6RvAJQ

2で強調したいのは、完全にカスタマイズ可能ということです。解約インサイトのアプリ、またはAPIを使って理由を編集・削除することができます。

APIのサポートは、既存の解約フローを使用しながらこの情報を取得したい方に最適です。

次の4つ目のポイントでは、APIがどのように外部情報を取り込み、顧客データを豊かにするかを説明します。

豊富な顧客データがあれば、より詳細な顧客セグメントを作成することができます。セグメントが増えれば、セールスやマーケティングのファネルに対する知識や洞察力が高まります。


4. CRMデータをBaremetricsのダッシュボードで可視化

顧客関係管理ツール(CRM)は非常に強力です。セールスおよびマーケティングファネルの各ステップを整理し、詳細な顧客情報を一箇所に集めることができます。

Baremetrics APIを使用すると、CRMからの顧客情報を属性としてBaremetricsにインポートすることができます。属性が増えれば、顧客ベースを特定のグループにセグメント化できる可能性が広がります。

例えば、CRMがどの営業担当者が各顧客を担当しているかを追跡している場合、営業担当者の名前をBaremetricsにインポートして、どの営業担当者が最も収益を促進しているかを確認することができます。

別の例を挙げましょう。あなたのチームは
Pipedriveを使用しており、セールスファネル内のSaaS企業を "SaaS "とラベル付けしているとします。Baremetrics APIを使えば、このラベルを属性としてBaremetricsにインポートすることができます。

そうすれば、SaaS企業とeコマース、その他のラベルを選択した場合の収益を確認することができます。

このようにして、
顧客セグメントを作成し、MRRLTV、または当社が自動的に追跡する26以上の指標で即座に比較することができます。

5. UTMデータの追跡

UTM(Urchin Tracking Module)とは、URLの末尾に付けられたコードスニペットのことです。

マーケターはUTMを以下のように使用します。

  • リードがどこから来たかの追跡
  • パフォーマンスの高いコンテンツの特定 
  • 各種キャンペーンの効果を評価する

Baremetrics APIを使用すると、Baremetricsアプリ内でカスタム属性を作成し、UTM情報を顧客のプロファイルのカスタム属性にインポートすることができます。

そして、UTMによって顧客をセグメント化し、どのチャネルから最大・最小の顧客を獲得しているかを確認することができます。

これが完了すると、次のようになります。この検索フィルターは、ブログのホームページから無料トライアルを開始したお客様を集めています。

6. お客様の活動や特定の行動を追跡・比較する

アプリの中には、ウェブセッションという形でアプリ内のお客様の活動を監視するものがあります。また、ボタンのクリック数やアップロードされたファイルの数など、特定の行動を監視するものもあります。

アプリ内に何らかの行動があり、その行動を定義してタグ付けすることが可能であれば、APIを使ってBaremetricsの属性としてデータをインポートすることができます。

自分のアカウントに3つ以上のファイルをアップロードした顧客のMRRなど、データの照会を行うことができます。

また、顧客の活動と
LTVの重なりを調査することもできます。 例えば、毎日製品を使用している顧客のLTVと、一度しか製品を使用したことがない顧客のLTVはどうなっているのか比べたりしたら面白いかもしれません。

7. Stripeメタデータのインポート

Stripeのユーザーは、Stripeのメタデータをインポートして、Baremetricsのデータを補強することができます。

メタデータを取り込むには3つの方法があり、そのうち1つはAPIを使用します。

1.カスタマーオーグメンテーションツールを使用する

  • このプロセスでは、顧客のEメールを使用してCSVファイルからフィールドをマッピングします。
  • 定期的にインポートする必要があることに留意してください。

2.APIの使用

  • この方法では、顧客のEメールアドレスを使用せずに顧客情報をマッピングすることができます。
  • 顧客のIDを利用できるので、Stripe内に顧客のEメールがない場合には特に便利です。 
  • Customer Augmentationツールとは異なり、メタデータは自動的にBaremetricsにインポートされます。

3. Intercomの使用 

  • IntercomにStripeのメタデータがある場合は、当社のIntercomとの統合により自動的に取り込まれます。

まとめ

Baremetrics APIを使えば、外部データを簡単にBaremetricsに取り込むことができます。ここまで私たちのチームやお客様が利用している貴重な5つの方法をご紹介しましたが、その可能性は無限大です。

Baremetricsをお試しになりたい方は、今すぐ無料トライアルを開始してください。また、現在ご利用中のお客様で、当社のAPIについてご質問がある場合は、hello@baremetrics.com までご連絡ください。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!