売上原価 (COG) とは

売上原価 (COG) とは、販売 する製品を製造および配送するためにかかる直接コストを指します。 物理的な製品(ペンなど)を販売するビジネスの場合、材料 (プラスチック、インク、ローラーボール) のコストと、製造、パッケージング、および購入者への配送のコストを単純に合計します。

SaaS企業の場合… もう少し複雑になる可能性があります。 物理的な製品を販売していないため、サービスの作成、配信、サポートのコストを合計する必要があります。

ただし、売上総利益率、つまり営業費用、利益、および会社への再投資のために残された金額を決定するのに役立つため、売上原価を知ることは非常に重要になります。

売上原価の計算

SaaS企業の売上原価の計算をするとき、一般的に推奨されるコストには次のものがあります。

ホスティング料金

・サードパーティのライセンス料(コンテンツ配信ネットワーク、統合、監視サービスなど)

サポート人件費(つまり、顧客のサポートに費やした時間のコスト – 従業員が製品のサポートに費やした時間の50%を費やした場合、給与の50%が売上原価に含まれます)

・顧客のオンボーディングコスト(つまり、実装プロジェクトの人件費)

クレジットカードの処理手数料(これが売上原価なのか運営費なのかについては議論があります。重要なのは一貫性です)


ビジネスに固有のサービスの提供に関連して、他のコストがかかる場合があります。売上原価に費用を含めるかどうかを決定するときは、「これにお金を払わなくても、顧客にサービスを提供できますか?」と考えます。 答えが「いいえ」の場合、その費用は売上原価に含める必要があります。 

売上原価を計算するときは、月単位での期間を使用するようにしましょう。 これにより、売上原価と MRR を比較し、粗利益を計算できたりするので、SaaS やサブスクビジネスを行う方は特に注意すべきです。

売上原価の操作

あなたのビジネスを生き残るらせるためにあなたが使うより多くのお金を持ち込む必要があるのは当然ですよね。 そうでなければ、あなたは破産します。

売上原価はビジネスによって大きく異なります。 価格やその他の運営費との関係で売上原価を計算することは重要です。これにより、費用を収益にどれだけ効率的に変換できるかがわかります。

ただし、サービスに悪影響を与えないように、売上原価をできるだけ低く保つことが重要です。 たとえば、顧客をサポートするためのコストを削減したくなるかもしれません。 支払いを減らしたり、サポートエージェントの雇用を減らしたりすると、サービスの提供が安くなる可能性がありますが、顧客が優れた質の高いサービスを受けられない場合は、解約率にも影響する可能性がありますので、気をつけなければなりません。

売上の管理の方法

売上原価と品質のバランスを取ることは継続的なプロセスです。何にお金を使っているのかをしっかり管理し、様々な数値を分析していきましょう。SaaSやサブスクリプションビジネスを行っている方は、是非Baremetricsを使用し様々な指標を分析し、ビジネスに生かしてみてください。