会社を設立するということ自体は物理的には難しくはないかもしれませんが、実際に決心して実行することはとても難しいことです。 何もないところから何かを作り出すと同時に、無限の数の決定を下す必要があります。 特に、これらのことを一人でやっているとさらに難しくなります。

創設者が一人(ソロ起業)であることは、多くの点で、あなたに対して課題を突きつけます。 すべての決定の重みを背負っており、それを共有してくれる人は実際にはいません。 しかし、それを簡単にする方法はいくつかあり、多くの場合、会社を単独で始めることは実際には主要なプロになる可能性があります。

ソロ起業することがあなたに適しているかどうかを判断できるように、いくつかの利点と欠点を紹介します。 次に、ソロ起業家になることを非常に素晴らしいものにするためのいくつかの方法やヒントを伝授します。

ソロ起業家であることのデメリット

船を単独で走らせることには確かにいくつかの欠点があります。

あなたは非常に多くの決定をすることにメンタルが消耗

決断による疲労は本物であり、あなたがすべての主要な決定を下す唯一の人であるとき、メンタル的に消耗します。決定を下すのに鬱になり始め、悪い決定を導いてしまうこともあります。

すべての動きが自分に返ってくる

肩にたくさんの重荷がかかっているので、大きな負担になることがあります。あなたが正しい決断をした/しなかったかどうか疑問に思う日々は、あなたの精神に影響を与えます。そして、その結果次第で、更なる負担を被る可能性があります。

大きなアイデアをブレインストーミングするのが難しい

他の共同創設者がいる場合は、アイデアを打ち出したり、何かがうまくいくかどうかを話し合ったりすることは、本当に有益です。ソロ起業家としてはそれはありません。もちろん、チームの他のメンバーにそれを行わせることはできますが、大きな全体像を考えているときは効果は低くなります。

さまざまな視点を見るのは難しい

ほとんどの人は専門分野、または少なくとも彼らが得意とする特定の分野を持っています。得意分野を持つことには限界がありますので、一人よりも他の人たちの力があると、カバーできる範囲も変わっていきます。さまざまな専門分野にわたる共同創設者がいる場合、それらすべての視点をまとめて、はるかに全体論的な見方をすることができます。

ただただ寂しい

あなたは自分の頭の中で非常に多くの時間を費やし、あらゆる小さなことを考えすぎ、分析しすぎ、内面化することになりますが、それを取り除くための優れた方法はありません。相談する相手もいないのは、とても孤独です。

悪い決断をしがち

ソロ起業家は、すぐに悪い考えに巻き込まれて、それを実行することができます。それは本当にばかげた考えだと言う人は誰もいないので、会社の助けにならない(さらに悪いことに、実際に会社を傷つける)ことに気を取られやすくなります。

SaaSビジネスの必須ツール

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!

ソロ起業家であることのメリット

続いては、利点について説明しましょう。

より迅速動くことができる

他の人に相談せずに決定を下すことができれば、すぐにそれを実行して、その決定を実現することができます。

争いが少ない

共同創設者が頭を突き合わせ、すべての決定をめぐって争っているという話は数え切れないほどあります。 自我はすぐに制御不能になる可能性があります。 共同創設者は、会社を長期的にどこに連れて行くかについて強く意見が分かれる可能性があります。 多くの場合、それは会社を危険にさらす、友好的ではない分断で終わってしまいます。

より明確な方向

船を操縦するのが1人だけの場合、船がどこに向かっているのか、誰が担当しているのかが明確になります。 会社が明確な方向性を欠いている場合、チームの全員が何に焦点を当てるべきかを知ることははるかに困難です。

ソロ起業家になるべきか?

上記の長所と短所を集計すると、議論には長所よりも短所が多いことを意味します。正直なところ、それは本当だと思います。

自分で会社を立ち上げるのは非常に難しいと思います。共同創設者(または数人!)ができれば、そうすべきです。ただし、無視できない重要な注意事項がいくつかあります。

「誰もが共同創設者を持つべきだ」という包括的な声明は、少し簡略化されすぎています。共同創設者がいないことよりも最悪なのは、不適合な共同創設者がいることだからです。

共同創設者の組み合わせが悪いと、潜在的なメリットはすぐに失われます。社内での確執や会社の方向性に関する意見の不一致があると、失敗の可能性が大幅に高まりますが、それだけの価値はありません。

では、いったいどのようにバランスをとるのか?共同創設者の悪い関係に陥らないようにするにはどうすればよいですか?会社をソロで運営するためのヒントについて話す前に、ソロのルートに行きたくない人々(共同創設者を持ちたい人)が成功の可能性を高めることができるいくつかの方法を簡単に説明しましょう。

テストプロジェクトを実行: 最初に潜在的な共同創設者と何かに取り組み、それがどのようなものかを理解します。

明確な階級差を持つ: あなたがCEOである場合は、絶対に最終決定権を持っている必要があります。決定を下す必要があるたびに投票することはないようにした方がいいです。

事後に共同創設者を追加しない:これは珍しいシリコンバレーの慣習の1つです。 会社が設立された後、共同創設者を追加することは、優先順位の不整合でうまくいきません。

会社をソロで運営するためのヒント

まだソロ起業家になりたいと確信している場合(またはすでにスタートアップをソロで実行している場合)、それを簡単にするいくつかの方法を見てみましょう!

他の創設者とのコミュニティを持っている

あなたの配偶者/恋人/大切な人は素晴らしい聞き手かもしれませんが、彼らは共感したり、多くの実践的なアドバイスを提供したりすることはできません。単独の創設者である場合は、小さなコミュニティや他の創設者との繋がりを持つことが重要です。

浮き沈みを識別でき、それらを乗り越えるための実践的なアドバイスを提供できる人がきっと助けてくれます。

より多くの決定にチームを参加させる

チームの自律性を高めることで、すべての決定を下すというプレッシャーの一部を取り除きます。マイクロマネジメントをやめ、チームにステップアップして意思決定を行う機会を与えます。
優れたリーダーは、チームに必要なツールだけでなく、介入を必要とせずに何をすべきかを知るための方向性とビジョンを備えています。
あなたのチームを正しい道に導き、あなたと一緒に彼らに重みを負わせましょう。

他のことにも目を向けてください

仕事に没頭するのはいいですが、その時間からために抜け出すことが重要です。趣味を持って、仕事以外の本を読んだりして、仕事の世界とは関係のない人々と友達になりましょう。
脳には多種多様なソースからの入力と刺激が必要です。そうしないと、幅広い知見は得られません。

心身の健康を優先する

自分の精神的および肉体的健康をより優先すべきではありますが、ソロ起業家は責任感から、そこを怠りがちになります。
あなたの時間の大部分を頭を使ってビジネスを考えてしまいがちですが、あなたはそこから抜け出さなければなりません。孤独とプレッシャーを引き継ぐのは簡単なので、そのための出口を見つける必要があります。
多分それは瞑想かもしれないし、運動かもしれません。最優先事項として自分の面倒を見ることが重要です。

ソロ起業家を強力サポート

一人で起業するのは、大きな負担が付き纏い、たくさんの決定を伴います。そして、決断というものは、データによって下されるべきです。

BaremetricsはサブスクビジネスやSaaSビジネスに使える指標をStripeなどの決済プラットフォームと連携することで自動で可視化、そして分析を可能とします。指標の確認の効率化と決定を下すのに非常に役立ちます。ぜひ、無料トライアルもございますので、ご活用ください。