価値ベースのプライシング(価格設定)は、製品が顧客にどのように認識されているかの推定値に従って価格を設定するプライシング戦略です。

製品の開発コストと過去の価格などは考慮されていません。 このプラシング戦略は、企業としてプロダクくの量や開発料、リソースを増やすことなく、きちんとした利益を得ることができるようになります。

Baremetrics14日間の無料トライアルは、顧客インサイトトライアルインサイトセグメント機能などを使用して、価値ベースの価格設定で特定のメトリックを見つけるのに役立ちます。

適切なプライシングがどのように新しい顧客を呼び込み、古い顧客を維持するのに役立つかを見てみましょう。

価値ベースとコストベースのプライシングの比較

価値ベースのプライシング(価格設定)は、製品の顧客の知覚価値に基づいて価格を決定します。 多くの場合、価値ベースのプライシング戦略では、製品の価格はコストベースのプライシング以上です。

コストベースのプライシングは、むしろ、製品の製造、およびその流通のコストを加算することによって製品の価格を決定する戦略です。 その後、会社はそれにプレミアムを追加し、販売価格を考え出します。

コストベースの価格設定の例
・材料費:5,000円
・人件費:5,000円
・その他:3,000円
・総コスト:13,000円
・希望する利益:3,000円
・販売価格:16,000円

適切なプライシング戦略を選択することは、ビジネスを維持する上で重要です。 あなたが新しいビジネスを始めるとき、価格設定を正しくすることが非常に重要になります。

価格設定の適切な構造を見つけることは簡単ではありません。 プライシング戦略を検討する場合、マーケターは適切な価格を決定する前に、さまざまな要因を考慮する必要があります。

まずは、あなたの製品をよく研究し、競争に参加してください。

・あなたの競合相手が誰であるか、そして彼らが売っている価格で調べてください。

・あなたのターゲット市場を分析し、彼らがあなたの製品または同様の製品にいくら費やしても構わないと思っているかを調べてください。

・製品の価値と生産コストを計算してください。

プライシング戦略は時間の経過とともに変化します。常に同じものに固執する必要はありません。

Baremetrics14日間の無料トライアルは、顧客が探しているもの、会社の指標、およびビジネスの収益性に基づいて、製品の正しい価格設定方法を決定するのに役立ちます。

解約率が類似の企業とどのように重なり合っているかについて知りたい場合は、オープンスベンチマークをチャックして、ユーザーあたりの平均収益に基づいた平均解約率が表示されます。

お客様の生涯価値(LTV)を計算する

顧客のLTV値を計算すると、製品の正確な価格設定に役立ちます。

例として、あるSaaS企業では顧客が30ドルのサブスクリプションを支払い、その他のサポートに5ドルを費やすと、会社は顧客を20か月間保持することができます。

顧客 LTV = (30 – 5) x 20 = $500

料金プラン

あなたと顧客の両方に利益をもたらす価格プランを選択してください。 あなたの製品が価格に見合うかどうかについてあまり深く考える必要なしに、顧客が必要なプランを支払えていれるかを確認してください。

Baremetricsがどう役立つか!

Baremetricsは、企業にリアルタイムでメトリックを提供することに専念しています。 当社のツールは、その優れた予測ツールを使用して、あらゆる方法で将来の計画と予測をサポートします。

価値ベースのプライシングを検討し、会社を次のレベルに引き上げる準備ができているのであれば、ぜひBaremetricsの分析機能を利用しながら、実行するときかもしれません。

14日間の無料トライアルにサインアップして、Baremetricsがあなたのお金と会社の価値を上げるために何ができるかを見てください!