財務指標に関しては正確さが重要です。ただし、さまざまな収入源をすべて把握し、「これがビジネス全体の正しいMRRだ」と言うことは相当難しいです。

では、MRRを正確に把握することに成功したとして、経費はどうでしょうか?これは全く別の問題です。

PayPalや他の決済ゲートウェイを使って収益と費用を記録する人もいますが、もしあなたが使っている決済ゲートウェイがStripeだけでなかったらどうでしょう?請求書払いの顧客もいるとしたらどうでしょう?一部の経費をクレジットカードで支払っている場合はどうでしょうか?

もう一つの大きな問題は、あなたのビジネスにとって追跡する価値のある財務指標を決定することです。使用する財務指標は、業界、会社の規模、株主の種類などによって異なります。

またBaremetricsのような、データソースをまとめて迅速かつ正確に指標を計算できるツールを利用する人もいます。Baremetricsを使えば、このように自分の指標をはっきりと見ることができます。

Baremetrics のライブデモで詳細を確認するか、Baremetrics の無料トライアルに登録して、今すぐ使い始めてください。

この記事では、さまざまな種類のビジネスで監視すべき主要な財務指標と、財務指標に基づくアクションを迅速に自動化する方法について説明します。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!

伝統的なビジネスにおける主要な財務指標

ここでは、アナリストがビジネスをより深く理解するために使用する一般的な財務指標をいくつか紹介します。企業によって資本構成、収入源、支出は異なるため、ここで紹介する指標はすべての状況に当てはまるとは限りません。

1. 売上総利益率 - この指標は、売上から原価を差し引いた後に残った金額を示します。

売上総利益率=(純収益-売上原価)/純収益×100

2. 純利益率 - この指標は、売上高に対する純利益を比較するものです。純利益は、売上高、売上原価、経費、利息、税金に基づいて計算される値です。純利益を収入と比較すると、環境要因(税金や金利など)をすべて考慮した上で、Revenueのうちどれだけ利益として確保しているかがわかります。

純利益率=(売上高-売上原価-経費-金利-税金)÷(売上高)×100

売上高純利益率=当期純利益÷売上高×100

3. 運転資金- 企業が持っている資金の量です。この指標は、あなたのすべての資産と、あなたが誰かに対して負っているすべてのものとの差を測定します。資産は、現金、売掛金、原材料、不動産など、価値のあるものすべてです。負債とは、買掛金や家賃など、あなたが借りているすべてのものです。

運転資金=流動資産-流動負債

4. 流動比率 - 企業が現在の債務を履行する能力を示すものです。平たく言えば、企業が今年中にすべての債務を返済できるだけの資産を有しているかどうかということです。

流動比率=流動資産/流動負債

5. Quick Ratio - 流動比率と同様に、流動資産と流動負債を比較します。重要な違いは、Quick Ratioは資産に在庫をカウントしないことです。つまりQuick Ratioは、負債を返済するためにすぐに売却することができる資産のみを示しています。

Quick Ratio =(流動資産-棚卸資産)/流動負債

6. デット・エクイティ比率(D/E比率)- 負債または負債総額と株主資本の比率を示す比率です。負債が多いか、株主資本が多いか、会社の資本がどのようなウェイトを占めているかを示します。

デット・エクイティ比率=負債総額/株主資本総額

7. 総資産回転率- この比率は、会社が固定資産投資を使って売上を生み出す能力を測定するものです。言い換えれば、企業が既存の機械設備から効率的に売上を生み出す能力を評価するものです。

      総資産回転率=売上高/((期初総資産+期末総資産)/2)

8. 自己資本利益率(ROE)- 自己資本利益率(ROE)は、組織が株主資本に対して獲得する利益を測定するために使用される収益率です。本質的には、株主資本の単位ごとに組織が作るものです。

ROE = 当期純利益 / ((期首株主資本 + 期末株主資本) / 2 )

9. 総資産利益率(ROA)- 総資産利益率は、会社が資産をどのように活用しているかを知るのに役立ちます。ROAは収益率であり、企業が利益を上げるために資産をどのように活用しているかを示すものです。

ROA=当期純利益÷((期首総資産+期末総資産)÷2)

10. 営業キャッシュ・フロー - 企業が事業から生み出す現金の量を示しています。直接法、間接法の2つの方法で算出することができます。キャッシュフローを計算する直接法は、実際の領収書と取引明細書を使用してすべてを計上します。一方間接法では、資産または負債明細の合計を使用して、移動するすべての現金を数えます。

キャッシュフローがプラスであれば、事業を行うために十分な資金があることを意味します。マイナスの場合は、現在の事業を継続するために追加資金が必要であることを示しています。

この概要はほんの始まりに過ぎません。次のステップでは、あなたのビジネスにとって最も重要な指標は何かを読み解き、その指標に基づいた財務モデルを構築していきます。

ここでは、オンライン・ビジネスで計算する必要がある最も基本的な財務指標について見ていきましょう。

SaaSビジネスで最初に把握すべき26の財務指標

SaaSビジネスは特殊なビジネスである。SaaSは定期的な収入源、低い販売コスト、重要な製品を持たないことで定義されています。

SaaS企業の財務指標を記録する場合、基本的な測定値に焦点を当てる必要があります。そして、基本的な測定を正しく行うことに集中する必要があります。

すべてのビジネスは、まずこれらの指標を財務指標の最初のセットとして始めるべきであり、その後、二次的な計算を拡張していけばよいのです。

MRR

  • 月単位でどれだけの収益を上げているか

ARR

  • 現在の収益を12ヶ月で予測した指標
  • 年間経常利益 = (MRR × 12)

総売上

  • 1日単位で実際に受け取ったお金を示す

MRR成長率

  • ある月から次の月へのMRRの変化率に単純に等しい

その他単発売上

  • あなたのビジネスが受け取る単発の料金のすべてを占める

Quick Ratio

  • SaaSでは、企業の成長率を測る基本的な指標として「Quick Ratio」を用いている

アクティブサブスク数

  • そのアカウントに何人の有料顧客がいるかを示す

新規サブスク数

  • 日付範囲内、または日別、週別の新規契約者数を表示する

プラン数量

  • お客様の人数と契約数の概要を示す

アップグレード数

  • お客様がある有料プランからより高額なプランに移行した場合に表示される

ダウングレード 数

  • より高い価格のサブスクリプションからより低い価格のサブスクリプションに移行した顧客を示す

決済失敗数

  • お客様の決済事業者が請求を試み、それが成功しなかった場合に表示される

払い戻し

  • 返金によって顧客に戻したすべての金額を表示する

クーポンによる減収

  • アクティブな購読者に適用されるクーポンによって「損失」している金額を表示する

ARPU

  • 加入者一人一人がどれだけの価値(ドル)をもたらしているのかを示し、総収入を有効顧客数で割ったもの

LTV

  • 顧客が解約するまでにどれだけの利益をもたらしたか、を示す

新規顧客数

  • 無料プラン、トライアル、または無プランから、直接有料プランに移行した顧客を示す

新規顧客数

  • この指標は、アクティブで積極的に支払いを行っている顧客を示しています。

解約顧客

  • 自社サービスの利用を停止した顧客

復活顧客

  • 試用版や有料版で購入した顧客が、貴社の素晴らしさに気づき、戻ってくることを「再活性化」という

顧客数ベース解約率

  • 30日前の総顧客数に対して、30日前に離脱した顧客数をパーセンテージで表示する

収益ベース解約率

  • 30日前のMRR総額に対して、直近30日間で失われたMRRの量をパーセンテージで表示する

収益ベース純解約率

  • 解約やダウングレードによる収益の減少を示す

解約サブスク数

これは、あるサブスクリプションから無料プランにダウングレードした顧客と、完全に解約した顧客を示しています。

各指標の計算方法や、なぜ知っておく必要があるのかなど、詳しい情報はこちらからご覧いただけます。

また、これらのメトリクスはすべてBaremetricsでモニターすることができます。UI の左側メニューにあるサイドパネルで、これらのメトリクスを見ることができます。このアクティブなサブスクリプションのグラフを見てください。

これらの指標を自分のgoogleシートに数値を入力することなく取得したい場合は、こちらからBaremetricsにサインアップしてください。無料トライアルで始めると、最初の26の財務指標をすぐに見ることができます。

SaaSの財務指標はSaaS用にカスタマイズされている

自社にとって知りたい財務指標は、業界や業種によって大きく異なります。重工業のビジネスでは、機械や物流などは資産に関連する指標が重要になります。しかし、SaaSの場合はそうでもありません。

それぞれのビジネスにおいて、どの指標に重点を置いているかを正確に説明するために、カスタマイズされた財務モデルを構築する必要があります。SaaSの場合は、この財務モデルをダウンロードしてSheetsで直接使用することができますので、チェックしてみてください。Baremetricsはgoogle sheetと統合されているので、簡単にデータをファイナンシャルモデルに直接パイプすることができます。

この財務モデルは、財務コンサルティング会社によって、特にSaaSビジネスとそれに必要なメトリクスに対応するように構築されました。ぜひご覧ください。

また指標の実際の名称や意味は、業界によって変わることがあります。例えば、実店舗を持つ日用品メーカーのQuick Ratioは、資産と負債を比較するものです。しかしSaaSの場合、Quick Ratioは全く異なる定義を持っています。SaaSのQuick Ratioは、売上、拡張、再活性化によるMRRの成長と、解約によるMRRの減少を比較します。

SaaSに関連する財務指標の詳細については、Baremetricsアカデミーを是非ご覧ください。

Baremetrics は、SaaS のための最も正確な MRR モニタリングツールを提供する

各製品やツールは、それぞれの方法で指標の情報を収集します。指標を測定したい方法にマッチしたツールを選ぶのは、分析者の裁量に任されています。

例えば、

  • MRRの指標で超過分をカウントするのか?毎月の最低支払額は10ドルだが、オプションの追加サービスによって毎月3〜5ドル多く支払っている顧客がいる場合、その3ドルをMRRとしてカウントするのか、それとも1回払いとするのか?
  • 顧客が解約したが、6ヶ月間支払いを続ける場合、残りの6ヶ月間の収益をMRRに計上するのか?ある人は、それは再発することが保証されていないので、そうすべきではないと言います。しかし、製品によっては、この価値がなくなるまでカウントするものもあります。

Baremetricsは、このような多くの考慮事項を考慮して、指標の計算方法を設計しています。

メトリクスの計算方法の詳細については、Baremetrics チームにお問い合わせください。Baremetricsの無料トライアルでご確認ください。

財務指標に基づくアクションとインサイトを自動化する

正確な財務指標を持つだけでなく、財務指標に基づいたアクションを取りたいものです。

決済の失敗が解約の減少を招いた場合、その取引を回復するために適切なアクションが取られるようなシステムを導入するべきです。

Recoverを使えば、失敗した支払いに対して自動的にアクションを起こすことができます。このツールは失敗した決済を特定し、失敗した決済を行った顧客に自動的に連絡を取り、顧客にクレジットカード情報を再入力してもらい、決済を成功させます。これにより、通常ではすべてを追跡することが困難なために失われ、追跡されないままになっている年間数千ドルを、ビジネス・オーナーが節約することができます。

同様に、顧客や経費の財務行動を簡単にセグメント化し、予測し、監視できるようにしたいです。

顧客セグメンテーションのための Baremetrics ツールを使用すると、プラン、サービスタイプ、その他アプリ内で追跡するカスタマイズされた行動によって MRR を分解することができます。

下のグラフは、地域別にセグメント化された収益を示しています。カナダの顧客からの収益はまだ伸びていますが、イギリスの顧客からの収益は頭打ちになっているなど、カナダとイギリスの顧客の違いがよくわかります。

Baremetrics を使って、財務指標を見るだけでなく、財務指標に基づいた自動的なアクションとインサイトを実現します。

まとめ

財務指標を理解することは非常に重要ですが、問題は「どの財務指標を測定すべきか」という問いをはるかに超えて広がっています。運用の観点から財務指標を把握し、データの取りこぼしがないように常に連絡を取り合う必要があります。

そして財務指標を最大限に活用することも、重要かつ困難な問題です。

Baremetricsは決済ゲートウェイから財務に関連する情報を自動的に取得し、すべての財務指標を一箇所で取得します。そしてBaremetricsは、財務データに基づいて行動し、それを共有・分析する力を与えます。

今すぐBaremetricsの無料トライアルを試して、全ての財務指標をダッシュボードに表示しましょう。また、Baremetrics のライブデモをご覧になり、ログインせずにその機能をお試しください。