多くの人がSaaSのコンバージョン率に懸念を抱いていますが、そもそも適切なコンバージョン率とはどれくらいなのでしょうか。

SaaS企業の指標とベンチマークを見ると、ランディングページの品質は、人々が販売の目標到達プロセスを下るきっかけとなる大きな部分を占めています。 しかし、重要なのはランディングページだけではありません。

その他の懸念事項もこれらのコンバージョン率に影響を及ぼしていますので、適切なベンチマークを設定してそれらすべてを調査することで、多くの企業が成功しやすくなります。

Baremetrics無料トライアルを使用すると、コンバージョン率の懸念材料となるメトリックのタイプをよりよく調べることができます。

良いコンバージョン率とは?

通常、適切なコンバージョン率は3〜5%で、高いコンバージョン率は8%を超えます。ただし、これには考慮すべきことがたくさんあり、あるタイプの会社にとって良いレートのように見えるものは、別のタイプの会社にとっては良いレートではない可能性があります。

サブスクライバー数に注目している場合は、コンバージョン率が低くても高くても、予想よりも良い結果も悪い結果も得られる可能性があります。

マーケターは通常、オンボーディング、顧客保持、紹介(リファーラル)に重点を置いており、収益を理解するために、その他の問題を考慮に入れていない場合があります。

たとえば、B2B SaaSコンバージョン率に設定したベンチマークは、別のビジネスモデルでは大きく異なるので注意が必要です。

同様に、コンバージョン率の最適化にまだ到達していない場合でも、顧客獲得コスト(CAC)が大幅に変化するのを確認できる場合があります。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!

どのベンチマークを使用するべきか?

ベンチマークを検討する際には、提供する価格設定、SaaSビジネスにもたらす多くの適格なリード、ソーシャルメディアでの存在感、スタートアップであるかどうかなど、すべてのファクターが重要になります。

すべての企業を標準化して見る公式のテンプレートはありません。 トライアルコンバージョン率、年間経常収益(ARR)、平均コンバージョン率、解約率はすべて、ベンチマーク戦略の一部として考える必要があります。

また、コンテンツマーケティングとCTAの機会にもそれが反映されていることを確認する必要があります。

Baremetricsと連携することで、業界平均のKPIで直面している懸念に対処できるため、より多くの顧客の成功に向けて前進できます。

あなたのレートは競合と比較してどうか?

一つのベンチマークの確認として競合相手と比較する方法があります。しかし、それはすべてではありません。

そもそも、Eメールマーケティングが効果的であり、あなたが目標を達成しているなら、それはおそらく成功していると言えるでしょう。

無料トライアルコンバージョンが高ければあなたを助けるかもしれませんが、それはあなたが求めている長期的な利益を得るためのすべてを解決するものではありません。

それよりも深く掘り下げて、オンボーディングプロセス、顧客数などを調べるべきでしょう。SaaS業界とSaaS製品のオプションを確認し、お客様の声を反映することも検討してください。

適切なツールを使用しているか?

覚えておくべき重要なことは、ベンチマークを達成するために必要なツールがあるかどうか、または何か別のものが必要かどうかを選択できるのはあなただけだということです。

口コミは、これらのツールを見つけるのに役立ち、必要なコンバージョン率にも役立ちます。また、コンバージョン率に違いが生じるかどうかを確認するために、さまざまな方法で行うトライアル期間を検討してください。

Baremetricsから14日間の無料トライアルを開始し、より多くのコンバージョンとより高いレートを取得して、長期的にビジネスを前進させ続ける方法を紹介します。