ARRは、Annual Recurring Revenueの略称で、企業がサブスクリプションから年間ベースでもたらすと期待できる金額です。日本語では年間経常収益と呼ばれます。

簡単にいえば、MRR(月間経常収益)の年間バージョンです。 ARRは、現在の月間収益に基づいて、その年の将来の収益を予測するのに役立ちます。 ただし、これは解約、新規顧客、エクスパンションなど、今後1年間に何も変化がないことを前提としています。

これは実際には非現実的に思えるかもしれませんが、ARRは、長期的な成長を予測し、ビジネスの規模を視覚化するのに役立つツールです。 誰かが1億円のビジネスをしていると言うのを聞いた場合、彼らはおそらく1億円のARRを持っていると言っています。 これは、現在のままいけば、今年は1億円の経常収益をもたらすことを意味します。

この記事では、ARRの計算方法、知っておくべきこと、ビジネスの全体的な状態を測定する方法、Baremetricsなどのスマートツールが重要な洞察を提供する方法について説明します。

ARRの計算方法

ARRを計算する方法は、MRRを年換算するだけです。

ARRの計算方法
ARR = MRR * 12

現在のMRRに12を掛けるだけです。先月のMRRが¥1,000,000だった場合、現在のARRは¥12,000,000です。

Baremetricsのダッシュボードから、実際のリアルタイムのARR統計を確認できます。

ARR計算時の問題点

1か月の収益を掛けてARRを計算する際の最大の問題は、月ごとに売上が変動することです。 季節限定のビジネスの場合、忙しい月のMRRで計算すると、ARRの見栄えがよくなります。ただし、シーズン意外と、真逆のことがおきます。
これと同じように、大口の顧客が1か月間のみ、署名した場合、同じことが起こります。

月ごとの変動を平滑化するために、一部の企業は四半期ごとのMRRに基づいてARRを計算することがあります。 四半期の経常収益の合計に4を掛ける方法です。 ARRの数値を1つだけ見るのではなく、時間の経過に伴う傾向を調べて、企業の成長速度を確認することが最も重要なのです。

発生主義会計での計算

発生主義会計は、現金の回収時とは別に経済事象を認識する会計方法です(対義語:現金主義)。 これは、実際に発生した月の費用と収益のマッチングに基づいています。 たとえば、年間契約のプランと契約した場合、そのサブスクリプションの各月の契約額は12分の1として計算されます。 つまり、サービスが提供されるまで収益を計上しないことを意味します。 また、ARRは経常利益を元にした指標なので、1回限りの支払いは、経常収益が見込まれないため、含まれません。

ARRはただ単にMRRの12倍

MRRに関する記事をかなり詳しく書いたので、ARRについてはあまり詳しく説明しませんが、実際にはそれほど違いはありません。ただ、MRRの12倍がARRです。MRRを成長させれば、ARRも増加します。

MRRに関するガイドを理解して、ARRを成長させる方法と、どのような間違いを犯している可能性があるかを学んでみるのが良いと思います。

経常収益がなぜ重要な指標なのか?

サブスクリプションモデルで運用している場合、ARRとMRRはビジネスの健全性を示す重要な指標です。 しかし、彼らは完全なストーリーを示しているべきではありません。

顧客がサブスクリプションを失効またはキャンセルすることを選択した理由や、ダウングレードを要求した理由など、データにはいくつかの重要なストーリーが隠されています。 不本意な解約が原因で加入者を失うことがあります。これは、支払いの失敗による顧客の損失であり、督促処理が回復に役立ちます。

顧客獲得コストは、新しい加入者を取り込むよりも既存の加入者を満足させることによってビジネスがより多くの利益を上げることを意味するため、顧客維持はどのビジネスにとっても不可欠です。 その意味では、加入者の数だけではなく、短期的には加入者がいる可能性があります。 顧客契約のLTVを高めることが目標であるはずです。

SaaSビジネスはARRとMRRをどのように使用するのか?

Software-as-a-Service(SaaS)ビジネスは、主要な収益指標としてARRとMRRを使用します。これらの指標は、これらの組織がビジネスの状態を評価して、新製品の提供と顧客獲得戦略を計画する方法です。 また、投資家に売り込んだり、利害関係者に報告したりするときに、ビジネスの健全性を示すことも重要な指標です。

Baremetricsは、解約率と収益の指標に対するよりスマートなインサイトを提供

サブスクリプションビジネスを維持するには、何が機能していて何が機能していないかを知ることが重要です。 拡張収益は見栄えがしますが、顧客がサブスクリプションパッケージのアップグレードを選択する理由がわからない場合、繰り返すのは困難です。

Baremetricsは、すでに持っている情報に関するスマートで実用的なデータを提供します。 そのスマートダッシュボードにより、SaaS企業は経常収益と解約率をよりよく理解できるため、前者を増やし、後者を減らすための措置を講じることができます。解約率の削減、成長の促進、データに裏付けられた自信を持った意思決定に興味がありますか? 今すぐ無料トライアルにサインアップしてください。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!