Shopifyは、マイクロSaaSの分野に進出しようとしている開発者にとって大きなチャンスです。Shopify App Storeは、Shopify開発者とShopifyのショップオーナーを結びつけ、お互いの利益を図っています。

自分のアプリに投資した時間とお金を最大限に活用するために、Shopify開発者は、その業界の中核となる指標を追跡する必要があります。

ビジネスメトリクスとは何か?

ビジネスメトリクスとは、簡単に言えば、マネージャーが意思決定に使用する重要業績評価指標(KPI)のことです。ビジネスの一部を抽出して読みやすい値にしたもので、業界や競合他社、あるいは社内での長期的なベンチマーキングが可能です。

Baremetricsとは?

Baremetricsは、MRRARRLTV、総顧客数など、お客様のビジネスの主要な指標を、見やすいBaremetricsダッシュボードで直接確認することができます。こちらのデモアカウントをチェックするだけでもOKです。

BaremetricsをShopifyに接続するとスマートダッシュボードですべての収益を確認することができます。また、顧客のセグメンテーション顧客インサイト将来の予測、自動化されたツールを使って失敗した支払いを回復することもできます。

今すぐBaremetricsの無料トライアルにサインアップして、サブスクリプション収益の詳細を確認しましょう。

Shopifyアプリ開発者がビジネスメトリクスを追跡する必要がある理由

ビジネスメトリクスは基本的に、あなたの会社の健全性についての質問に答える方法です。あなたが追跡するビジネスメトリクスのそれぞれは、あなたの会社についての単純な質問に答えるべきです。

Shopifyアプリ開発者として、これらのビジネスメトリクスを長期的に追跡し、その答えに満足できるようにする必要があります。

それでは、Shopifyアプリ開発者のためのビジネスメトリクスのトップ10と、それらが答える質問を見てみましょう。

  • MRR(月間経常収益)毎月どのくらいのサブスクリプション収入をもたらしているか?
  • チャーン: どれくらい早く顧客や収益を失っているか?
  • ARPU(平均収入):顧客1人当たりの平均収入はいくらか?
  • LTV(顧客生涯価値)平均的な顧客が契約期間中にどれだけの価値をもたらしているか?
  • Quick ratioMRRをどれだけ効率的に増加させているか?
  • CAC(顧客獲得コスト)新規顧客を獲得するのにかかるコストはいくらか?
  • LVRセールスファネルは改善されているか?
  • リードコンバージョン率: リードのうち何人が有料顧客になったか?
  • 5段階の星評価: 顧客からの評価はどの程度か?
  • ユーザーと評価の比率: あなたの顧客がどれだけあなたの製品を好んでいるか?

Shopifyアプリ開発者のための10のビジネスメトリクス

ここでは、Shopifyアプリ開発者が追跡すべき10のビジネス指標について説明します。

1. MRR (月間経常収益): 毎月どのくらいのサブスクリプション収入をもたらしているか?

MRRは、アプリが1ヶ月間にどれだけのサブスクリプション収入をもたらしているかを表します。MRRは、サブスクリプション収益モデルを採用しているマイクロSaaS企業の中核となる指標の1つです。

MRRの計算とても簡単です。顧客数を合計し、それにユーザーあたりのARPU(平均収入)を掛け合わせるだけです。

MRR = 顧客数 × ARPU

例えば20人の顧客がいるとします。顧客は平均毎月100ドルを支払います。この場合、MRRは20×100ドル=2,000ドルとなります。

これは一見簡単そうに見えますが、MRRは月ごとに大きく変化し、ある要因でMRRが増加し、ある要因でMRRが減少します。これについては、QuickRatioの項でもう少し詳しく見てみましょう。

BaremetricsはあなたのMRRを自動的に表示することができます。

2. 顧客解約率:顧客や収益をどれだけ早く失っているか?

解約率収益ベースのチャーンは、定期的な収入源から毎月どれだけの損失が出ているかを示します。

顧客離脱率は、毎月離脱する顧客の割合です。

解約率=(解約した顧客数/月初の総顧客数)×100

収益ベースのチャーンとは、毎月のMRRの離脱率のことです。

収益ベースのチャーン = (解約分の収益/MRR ) × 100

解約はLTVを計算する上で重要です。解約(特に非自発的な解約)を減らすことは売上を増やすことよりも簡単な場合もあるため、このビジネス指標は常に追跡する必要があります。

Baremetricsでは、解約率を自動的に表示することができます。

3. ARPU(平均収入): 顧客1人当たりの平均収入は、1期間あたりどのくらいになるか?

ARPUは、単純に平均的な顧客が1ヶ月に支払う金額です。ARPUは、MRRをアクティブユーザーの数で割ることで計算できます。

ARPU = MRR / アクティブユーザー数

ARPUは、複雑な料金システムを採用している場合には計算が困難になります。例えば、複数のティア、アドオン、使用料などがある場合、平均的なユーザーが月にどれだけの収益を上げているかを事前に予測することは難しくなります。

しかしBaremetricsでは、そんなARPUでも自動的に表示することができます。

4.LTV(顧客生涯価値):平均的なお客様が契約期間中にどれだけの価値をもたらしているか?

LTVとは、ユーザーがアプリを購読している間ずっと、ユーザーが生み出す平均的な収益のことです。これは2つの方法で計算できます。

方法1:

LTV=ARPU×顧客契約期間

方法2:

LTV = ARPU/顧客解約数

LTVはCAC予算を算出する上で非常に重要ですが、これについてはCACの部分でもう少し詳しく説明します。

Baremetricsでは、LTVを自動的に表示することができます。

5. Quick Ratio: あなたのビジネスは、いかに効率的にMRRを増加させていますか?

Quick Ratio: を理解するためには、MRRとその月ごとの動きに影響を与えるすべての構成要素を理解する必要があります。

MRRの構成要素を見てみましょう。

  • 新規MRRは、新規顧客からの追加MRRです。
  • 拡張MRRは、既存の顧客からの追加MRRです(「アップグレードMRR」とも呼ばれます)。
  • チャーンMRRは、解約によって失われたMRRです。
  • 再活性化MRRは、解約されたお客様がアカウントを再活性化した場合の追加MRRです。
  • 縮小MRRは、ダウングレードによって既存顧客から失われるMRRです。

簡単にまとめると、Quick Ratioはアプリがどのように成長しているかを教えてくれます。

基本的には、すべての良いMRRタイプの合計を、すべての悪いMRRタイプの合計で割ったものです。

Quick Ratio = (新規MRR + 拡張MRR + 再活性化MRR) ÷ (縮小MRR + チャーンMRR)

Baremetricsでは、Quick Ratioを自動的に表示することができます。

Baremetricsを使ってShopifyのビジネスメトリクスを計算する

Shopifyアプリ開発者のために、すべての異なるビジネスメトリクスを計算するのは難しいかもしれません。だからこそ、データを最大限に活用するために、Baremetricsを使うべきなのです。

BaremetricsはShopifyパートナーのサブスクリプション収益をモニターします。BaremetricsはShopifyと直接統合することができ、顧客とその行動に関する情報をダッシュボードに引き出すことができます。

Baremetricsはメトリクス、ダニング、エンゲージメントツール、そして顧客のインサイトを提供します。MRR、ARR、LTV、総顧客数、総経費など、様々な情報を確認することができます。

そして何よりも、Quick Ratioを自動的に計算することができます。

Baremetricsの無料トライアルにサインアップして、サブスクリプション・ビジネスを正しく管理し始めましょう。

6. CAC(顧客獲得コスト):新規顧客の獲得にはどのようなコストがかかるか?

CACはShopify開発者にとって最も重要なビジネス指標の一つです。CACは、新しい有料顧客を獲得するための総コストを表しています。CACには、新規顧客一人当たりの販売・マーケティング費用から、無料トライアルを実施するための顧客一人当たりの費用まで、あらゆるものが含まれます。

CACの計算式を見てみましょう。

CAC=新規顧客獲得のために費やした費用 ÷ 新規顧客数

CACは重要な指標ですが、可能な限り多くの情報を得るためには、他の指標と組み合わせる必要があります。

例えばCACの回収期間は、新規ユーザーの獲得に費やした費用を会社が取り戻すのにかかる月数を示しています。

また、LTVとCACの比率は、持続的に新規ユーザーを獲得できているかどうかを示しています。LTVとCACの比率が4以上で安定していれば、持続的な成長が可能になります。

7. LVR (Lead Velocity Rate): セールスファネルは改善されていますか?

LVRは、毎月、前月よりも多くの質の高いリードを見つけているかどうかを示します。

質の高いリードとは、サイトへの訪問者の中で製品に興味を示して自社のアプリを使用することに純粋な関心を持っていると、自社の営業チームやマーケティングチームによって判断された人のことです。

以下は、LVRの計算式です。

LVR=((今月の適格リード数-先月の適格リード数)÷先月の適格リード数)×100

8. リードコンバージョンレート:リードのうち、何人が契約して顧客になっているか?

リードコンバージョンとは、最終的に顧客になったリードの数のことです。
リードコンバージョン率の計算式を見てみましょう。

リードコンバージョン率=(新規顧客数/リード数)×100

9. 5段階評価: 顧客からどれだけ愛されているか?

ほとんどの人は5段階評価をShopifyアプリ開発者のビジネス指標として考えていないかもしれませんが、アプリビジネスの持続性にとってこれほど重要なものはありません。

Shopify App Storeのランキングで上位に食い込むには、5つ星の評価を維持することが最も重要です。

顧客がアプリを評価するのは通常、良い経験や悪い経験によって動機づけられたときだけなので、優れた顧客サービスを提供していることを確認してください。

10. ユーザー数と評価数の比率: 顧客はあなたの製品をどれだけ好んでいるか?

ユーザーにアプリを評価してもらうのは大変ですし、レビューを書いてもらうのはもっと大変です。平均して約20人に1人のユーザーが評価を残してくれますが、適切な催促メッセージを適切な頻度で送ることで、より多くのレビューを獲得することができます。

できるだけ多くの評価を得るためには、カスタマーサービスチームがいくつかの懸念事項を満たした直後に、メールリクエストを送ることを検討してください。

まとめ

Shopify開発者向けのすべてのビジネス指標は、1つ以上の質問に答えることを目的としているため、ビジネスの全体像を把握するためには複数の指標を追跡する必要があります。そこで、Baremetricsの出番です。

Baremetricsは、MRR、ARR、LTV、総顧客数など、ビジネスに関する26のメトリクスを提供するビジネスメトリクスツールです。

BaremetricsはShopifyと直接統合しているので、顧客に関する情報は自動的にBaremetricsのダッシュボードに取り込まれます。

Baremetricsの無料トライアルにサインアップして、サブスクリプション収益を正確かつ簡単にモニタリングしましょう。

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!