チャーンは、定義された期間にわたってサービスの使用を停止した顧客ベースの割合です。 通常、月ごとに測定されます。 チャーンは、顧客チャーンと収益チャーンの2つの方法で計算できますが、両方とも大事な指標であり追跡する必要があります。

チャーンは、顧客生涯価値(LTV)の計算、MRRの予測、および収益性を維持しながら顧客獲得コスト(CAC)に安全に費やすことができる金額の予算を立てるのに役立つため、必要なメトリックです。

Stripeを使用する場合、限られた分析ダッシュボードで顧客離れや他の多くの指標を計算するのは難しい場合があります。 Stripeは素晴らしい支払い処理業者であり、あらゆるSaaSビジネスを支援できますが、サードパーティの分析ダッシュボードを使用することで、ツールを最大限に活用できます。 そこでBaremetricsが不可欠になります。Baremetricsを使用して、Stripeの顧客の解約率を自動的に計算できるようになります。

画像1

Baremetricsは、サブスクリプションベースのサービスを通じて収益をもたらす企業のサブスクリプション収益を監視します。 Baremetricsは、Stripeを含む支払いゲートウェイと直接統合し、顧客とその行動に関する情報を非常に明確なダッシュボードに取り込むことができます。

Baremetricsは、メトリック、支払い督促、エンゲージメントツール、および顧客インサイトを提供します。 Baremetricsが監視するものには、MRR、ARR、LTV、顧客の総数、総費用、Quick Rationなど25以上の指標になります。

Baremetricsの無料トライアルにサインアップして、サブスクリプションビジネスの管理を開始してください。

チャーンとは何か?

チャーンは、単に一定期間にサービスを終了した顧客の割合です。

顧客解約率(%)=(一定期間に解約した顧客/その期間の開始時の顧客)×100

これは、毎月の契約喪失の速さを示しています。たとえば、500人の顧客がいて、月に10人の顧客を失った場合、顧客解約率は(10/500)×100 = 2%になります。

顧客解約率の原因は何か?

顧客解約率は、自発的解約と非自発的解約の2つの主要なタイプに分けることができます。

自発的な解約は、残念な事実ではあります。一部の顧客はあなたのサービスをやめることを選ぶでしょう。Baremetricsの解約インサイト機能は、解約時に顧客にアンケートを取ることで、同じ理由で他の人が離れることを防ぎ、失った顧客を取り戻すことを期待することができます。とはいえ、誰もあなたのサービスを離れたくないと信じるのは非現実的ではあります。

ただし、不本意な解約は絶対に苛立たしいものであり、十分な努力を払うことで踏みにじることができます。この不本意な解約とは、支払いの失敗により、幸せな顧客がプラットフォームから追い出される状況です。この場合、BaremetricsのRecover機能は、督促システムを最適化するためのすばらしいツールです。

ここで明らかな疑問が生じます:Stripe支払いの失敗の原因は何なのか?

ビジネス指標の分析を始めてみる

MRRやLTVなどを自動で追跡し、ビジネスの成長につなげましょう!!

Stripeのお客様向けのチャーン

ちなみに、支払い処理業者としてStripeを使用している場合は、支払いの失敗が原因でStripeの顧客がなぜ解約するのか疑問に思われるかもしれません。 Stripeの支払いが失敗する主な理由は4つあります(2番目の理由はまれです)。

期限切れのクレジットカード

お客様が新しいクレジットカードを更新しないことに決定した可能性はありますが、通常、これはStripeの決済情報のクレジットカード情報を更新していないことを意味します。 もちろんあなたにとっては苛立たしいことですが、会社が数十のサブスクリプションソフトウェアパッケージを使用できるときに、一部のサイトでクレジットカードを更新することを忘れたために顧客を責めることができません。

ここで重要になるのが、古いカード情報が機能しなくなる前に情報を更新することを忘れないように、クレジットカードの有効期限が間もなく切れるときに顧客に通知するためにBaremetricsのRecover機能が役立つのです。

請求先住所の未更新

人々は引っ越しします。 ほとんどの人は、これまで住んでいたすべての家に、自分宛てのスパムメールの痕跡を残しています。 残念ながら、個人情報の盗難、詐欺、マネーロンダリングが増加しているため、これらを厳密に防止する必要があるため、サブスクリプションごとに請求先住所を更新しないと、支払いが失敗の原因になります。

クレジットカードの限度額を使い切った

これは私たちが最善を尽くしても起こる可能性があります。支払いを忘れたり、予期しない費用が発生すると、クレジットカードが限度額に達する可能性があります。 上記のすべての不正チェックに加えて、Stripe、支払いゲートウェイ、顧客銀行、クレジットカード会社、およびマーチャントアカウント間のすべての複雑なハンドシェイクで、クレジット制限に達しているかどうかが確認されます。 限度額に到達した場合、自動的に支払いは失敗します。

カードの盗難または喪失として報告

顧客がカードを紛失または盗難として報告すると、その後カードを見つけて使用しようとしても、紛失や盗難の報告詳細がStripeにまだ保存されているために、支払いが失敗する可能性があります。 

その他の考えられる理由

外から見ると、オンライン決済は非常にシンプルに見えます。これは間違いではありません。スマートショップ、支払い処理業者、およびプロセスに関与する他のすべての人が、オンライン支払いプロセスを可能な限りシームレスにするための最善の方法を研究するために数十億ドルを費やしています。

ただし、舞台裏では、多くの場合、すべて数ミリ秒以内に多くのことが行われており、バックグラウンドプロセスの各ステップが失敗につながる可能性があります。これらの不思議なエラーは、多くの場合、不正なAPIの結果であり、問題を解決するために、エラーを可能な限り詳細に説明する顧客、技術チーム、およびStripeテクニカルサポートの集合的なアクションを実行できます。

幸いなことに、これらの問題は非常にまれであり、ほとんどの場合、Stripeの顧客の不本意な解約は、適切な督促システムによって防止または修正できるクレジットカードエラーの結果です。これが、Baremetricsを使用してStripeの顧客の解約率を計算する必要があるもう1つの理由です。

Stripe決済のお客様の解約を防ぐ

Stripeは素晴らしい支払い処理業者ですが、不本意な解約を防ぐには、協調した努力が必要です。ここでは、不本意な解約を評価し、それを最小限に抑えるための最も効果的な方法をいくつか紹介します。

督促ソフトウェアを有効化

解約を減らすことを検討している場合、督促管理はソリューションの一部にすぎません。 Baremetricsは、非自発的な解約により、平均してMRRが約9%減少することを発見しました。これは、平均的なSaaS企業が経験する解約率の総量に比べると多くないように思われるかもしれませんが、Baremetricsが提供する自動化ツールを使用して回復できるのであれば、取り戻さなければならない数字です。

標準の操作手順を実行

不本意な解約を見るときは、可能な限り手順を標準化するようにしてください。これは、Baremetricsのダッシュボードでのチャーン情報の表示を自動化することから始まります。次のステップは、適切な督促処理を開始することです。

失敗した支払い請求の回収サービス

そこでBaremetricsが登場します。Baremetricsは、解約インサイトからRecoverまで、解約が非自発的であるときに顧客が顧客を離れるか、元に戻すことを選択した理由を理解できます。 Baremetricsはこのサービスに非常に自信を持っているため、回収された支払いの最初の$ 1000は無料です。

まとめ

Baremetricsダッシュボードで、顧客がキャンセルした理由を知ることができます。 失われた収益を解約の理由と関連付けることもできます。 さらに、Baremetricsは、キャンセルの理由に関する新鮮な洞察を得ることができます。 ダッシュボードに収集する洞察により、不足している機能が顧客を遠ざけていることと、維持努力が機能しているかどうかを理解できます。 そのため、Baremetricsは、Stripeの顧客の解約率を計算するための最良のサードパーティダッシュボードです。

解約を防ぐことは、どの企業にとっても非常に重要です。 ほとんどの企業には、解約率の削減に専念する人さえいます。 解約の理由は通常、製品に起因しますが、不本意な解約など、他の微妙な理由もあります。 上記の理由はほんの始まりに過ぎないことを覚えておいてください。

詳細を確認し、顧客離れを先取りするには、Baremetricsの無料トライアルにサインアップして、離職率の正確かつ効率的な監視を開始する必要があります。